平成26年度

1、事業の成果

平成26年度は停滞の年度であったと言わざるを得ない。
  25年度には、「西都の実現」「西都の活性化」を「元気で明るく楽しい宮崎の実現を目指し宮崎の活性化に寄与することを目的とする。」と変更登記し、宮崎市内に事務所を設けた。事業としては緊急雇用の3事業を受託し、法人の活動に新たな活動分野を開拓したが、その成果を法人の事業展開に繋げる事が出来なかった事がその理由である。

年度当初より小林市須木村の地域活性化事業や高鍋のルピナスパーク指定管理事業など、大きな事業の受託への活動を進めていたがいずれも受託に繋がらなかった事について代表及び法人の力不足を痛感している。まちづくりふらっと事業や昨年度の緊急雇用事業は大きな成果を残しはしたが、その成果を翌年以降の事業展開に活かせない現実が続いてきており、26年度は法人運営に関しても新たな方向性や事業展開を模索する時期であったと捉えている。

試行錯誤の1年ではあったが、上半期にはコミュニティー事業で行ったコミレス「ふらっと」の事業が高い評価を得、東日本大震災復興活動支援事業コミュニティ・レストランによるコミュニティの支援事業の成功・高評価に直結した事は大きな収穫であった。また、西都市東米良の銀鏡地区活性化を目的として仕掛けていた修験文化の復興・「滝行」復活事業が、メディアに取り上げられひろく注目を集めつつある現状は次年度以降に明るい展望を抱かせている。さらには福岡県福津市や桂川町から受託したレーダー探査事業は全国でもNPO法人としてはiさいとしか行えない事業であり、今後の事業展開次第では全国でもオンリー・ワンになる可能性が非常に高い事業である。以上新規の3事業に加え、法人の主力事業ともいえる宮崎県立西都原考古博物館運営支援業務をより安定した業務展開に位置付ける助走期間の1年であった。

詳細は活動報告に譲るが、実施した事業は高い評価を得る一方、MRT-TVや新聞報道など法人の活動内容や事業について告知するなど大きな成果が得られたことも事実であり、法人の名前を県内に広くアピールすることもできた。

2、事業内容
(1)特定非営利活動に係る事業
①  市民活動の推進に関する調査・研究・コーディネイト事業
ア) 日南市市民活動支援センター運営に関するコンサルタント業務委託事業
イ)宮崎県起業支援型地域雇用創造事業
  ~コミュニティ・コーディネーター養成のための地域ワーキング事業~
コミュニティ・レストラン”ふらっと”運営
② 市民活動の推進に関する広報・啓発事業
ア)一般社団法人宮崎県教職員互助会「記紀編纂1300年&世界遺産推進
  ~百済と古代日向~
ウ) 社会福祉法人宮崎県社会福祉協議会 長寿社会推進センター
~シニアインターシップ事業~
③ 公共施設の等の管理・運営に関する協力・委託事業
ア)宮崎県立西都原考古博物館運営支援業務委託事業
イ)ミュージアムショップ運営事業
④ その他目的を達成するために必要な事業
ア)宮崎県 東日本大震災復興活動支援事業
  ~宮城県山元町 ささえ愛山元 コミカフェオープン~

Copyright © 2015-2017 · All Rights Reserved · NPO iSaito